新規の申請

管理者が用意した申請書書式を利用して、新規の申請を出すことができます。申請書の作成中に、いったん保存することも可能です。

※ワークフロー機能は、オプションサービスです。本オプションをお申し込みいただいていない場合も、3種類の申請書を利用できます。
新規の申請を出す
1
ワークフロー画面を表示し、「新規申請」を クリックします。
※ ワークフロー画面の表示方法→「ポータル画面の画面説 明」
新規申請画面が表示されます。
2
利用する申請書をクリックします。
表示対象のカテゴリ
カテゴリ名を選択します。カテゴリ名を選択することで、申請書の絞り込みができます。
前のページを表示します。
次のページを表示します。
数字
該当のページを表示します。
※ 管理者の設定によって、機能が制限される場合がありま す。詳しくは、「その他の利用制限」をご覧ください。
申請内容の入力画面が表示されます。
一覧を並び替えるには
申請書順(昇順)に表示された一覧を、表示項目 をクリックして並び替えることができます。
申請書
降順に並び替えます。
もう一度クリックすると、逆順になります。
3
必要事項を入力し、「次へ」ボタンをクリッ クします。
※ 入力必須項目には「*」のマークが項目の右側に表示され ます。入力必須項目に内容が入力されていないと、次画面 には進みません。
※ 申請内容を保存する場合は、「保存する」ボタンをクリッ クします。詳細については、「書きかけの申請書を保存す るには」をご覧ください。
※ 申請を取り消す場合は、「キャンセルする」ボタンをクリッ クし、確認画面の「OK」ボタンをクリックします。
経路の設定画面が表示されます。
4
経路を設定し、「次へ」ボタンをクリックし ます。
追加
登録されているユーザーの中から経路に指定する人の名前をそれぞれ選択し、「追加」ボタンをクリックします。
削除
経路に指定した人の名前を選択し、「削除」ボタンをクリックします。
スキップ
経路を省略したい場合に「スキップ」を選択します。すべての承認者を省略することはできません。
※ 申請内容を保存する場合は、「保存する」ボタンをクリッ クします。詳細については、「書きかけの申請書を保存す るには」をご覧ください。
※ 申請を取り消す場合は、「キャンセルする」ボタンをクリッ クし、確認画面の「OK」ボタンをクリックします。
申請内容と経路の確認画面が表示されます。
ユーザーをグループで絞り込む
グループ名を選択すると、選択したグループに所属 するユーザーのみが表示されます。
「承認者」と「確認者」の違い
「承認者」とは、該当の申請に対して決裁(承認/却 下/差戻し)を行う役割の人のことです。
「確認者」とは、決裁はしないが、申請内容を確認す る役割の人のことです。
5
「申請する」ボタンをクリックします。
※ 申請内容の通知メールが不要の場合は、「申請内容の通知 メールを自分にも送る(Bcc)」をクリックして選択を外し ます。
※ 修正が必要な場合は、「戻る」ボタンをクリックし修正部 分の変更を行ってください。
※ 申請内容を保存する場合は、「保存する」ボタンをクリッ クします。詳細については、「書きかけの申請書を保存す るには」をご覧ください。
※ 申請を取り消す場合は、「キャンセルする」ボタンをクリッ クし、確認画面の「OK」ボタンをクリックします。
確認画面が表示されます。
6
「OK」ボタンをクリックします。
最初の承認者に申請書が送られ、確認画面が表示され ます。
「決裁依頼メールを受け取る」設定にし ている場合
・ 承認者・確認者
通知メール(承認依頼、確認依頼)が送られてき ます。

※ 決裁依頼メールを受け取る設定方法→「通知メールの設定を変更する」

7
「OK」ボタンをクリックします。
承認待ち一覧画面が表示されます。
書きかけの申請書を保存するには
申請前の各画面(申請内容の入力画面、経路の設定画面、申請内容と経路の確認画面)で入力した申請内容を保存しておくことができます。保存した申請内容は後から内容を書き換えて申請を出すことができます。
1
申請前の各画面で「保存する」ボタンをク リックします。
確認画面が表示されます。
※ 経路でスキップを選択した場合、保存するとスキップの選 択が外れます。
2
「OK」ボタンをクリックします。
申請内容が保存され、保存一覧画面が表示されます。
※ 保存した申請書の利用方法については、「保存済み申請書 の利用」をご覧ください。