報告書の管理

報告書の登録・変更・削除や、活動一覧の表示設定などが行えます。

※ 営業支援機能は、オプションサービスです。
ただし、管理者の方は、お申し込みの有無にかかわらず、営業支援機能をご利用になれます。
報告書設定画面を表示する
報告書を設定するための画面は、以下の方法で表示します。
1
営業支援画面を表示し、「日報管理」→「報 告書設定」の順にクリックします。
※ 営業支援画面の表示方法→「管理者メニューの画面説明」
2
報告書設定画面が表示されます。
報告書の設定を確認する
登録しているすべての報告書の設定を確認できます。管理者が確認している間も、ユーザーは該当の報告書を利用することができます。
1
報告書設定画面を表示し、確認する報告書を 選択して「詳細表示」ボタンをクリックしま す。
※ 報告書設定画面の表示方法→「報告書設定画面を表示す る」
報告書の詳細画面が表示されます。

・ 【編集中】と表示された報告書は、管理者が編集作業中です。表示されている間、ユーザーには編集前の報告書が公開されます。

・ 【新規作成中】と表示された報告書は、管理者が新規登録作業中です。表示されている間、ユーザーに報告書は公開されません。

・ 【コピー中】と表示された報告書は、管理者がコピーした報告書です。表示されている間、ユーザーに報告書は公開されません。

2
確認が終わったら、「一覧に戻る」ボタンを クリックします。
報告書のプレビュー
報告内容を入力する画面のレイアウトを確認できます。詳しくは、「報告書のレイアウトを確認するには」をご覧ください。
報告書設定画面が表示されます。
3
さらに確認する場合は、1〜2の手順を繰り 返します。
報告書を新規登録する
1
報告書設定画面を表示し、「登録」ボタンを クリックします。
※ 報告書設定画面の表示方法→「報告書設定画面を表示す る」
報告書情報の登録画面が表示されます。
2
必要事項を入力し、「次へ」ボタンをクリッ クします。
報告書名
報告書の名前を入力します。
説明
報告書の簡単な説明を入力します。
※ 入力制限について→「営業支援」
入力項目の設定画面が表示されます。
「次へ」ボタンをクリックすると、報告書が【新規作 成中】の状態になります。以降の手順で「完了する」 ボタンをクリックしない限り、【新規作成中】の状態 が継続します。
「戻る」ボタンなどで新規登録の作業を中断した場合 は、報告書設定画面の一覧で該当の報告書を選択し、 「変更」ボタンで登録作業の続きを行ってください。
3
項目を追加する場合、「登録」ボタンをクリッ クします。
※ 初期状態として、あらかじめ項目が設定されています。
入力項目の種類を選択する画面が表示されます。

・ 利用者画面に表示される項目名の先頭には、◇が表示されます。

・ 利用者画面に表示されない項目名の先頭には、◆が表示されます。

すでに登録した項目がある場合は
以下の操作を行うことができます。
変更:
選択した項目の内容を変更できます。詳しくは、「項 目を変更するには」をご覧ください。
削除:
選択した項目を削除できます。詳しくは、「項目を削 除するには」をご覧ください。
コピー:
同じ内容の項目を追加できます。詳しくは、「項目を コピーするには」をご覧ください。
報告書のプレビュー:
報告内容を入力する画面のレイアウトを確認できま す。詳しくは、「報告書のレイアウトを確認するに は」をご覧ください。

※ 項目の並び順を変更できます。詳しくは、「項目の並び順を変更するには」をご覧ください。

4
入力項目の種類を選択し、「次へ」ボタンを クリックします。
テキスト1行
氏名や件名など、ある程度決まった文字数を入力する項目
テキスト複数行
備考など、文章で入力する項目
数値
数値のみを入力する項目
日付
日付を入力する項目
チェックボックス
「あり」「なし」など、チェックマークのオン/オフを選択する項目
チェックボックス複数
チェックボックスを複数表示する項目
ラジオボタン
ボタン形式で複数の選択肢から1つを選択する項目
プルダウンメニュー
メニュー形式で複数の選択肢から1つを選択する項目
添付ファイル
ファイルを添付する項目
ラベル(表示のみ)
入力項目の前後に文字や記号などを表示させる項目
<例>
「重要」、「〜」
5
必要事項を入力し、「登録」ボタンをクリッ クします。
※ 手順4で選択した種類ごとに、必要事項が異なります。詳 しくは、「報告書の項目設定方法」をご覧ください。
※ 「テキスト1行」を選択した場合の画面例です。
※ 入力制限について→「営業支援」
正常に登録されると、次手順のような画面が表示され ます。
6
「OK」ボタンをクリックします。
一覧に項目が追加されます。さらに追加する場合は、 3〜6の手順を繰り返します。
7
追加し終わったら、「完了する」ボタンをク リックします。
正常に登録されると、次手順のような画面が表示され ます。
8
「OK」ボタンをクリックします。
一覧に報告書が追加されます。
報告書を変更する
登録しているすべての報告書を変更できます。
変更作業を開始すると、変更している間、ユーザーには編集前の報告書が公開されます。以降の手順で「完了する」 ボタンをクリックすると、変更後の報告書が公開されます。
1
報告書設定画面を表示し、変更する報告書を 選択して「変更」ボタンをクリックします。
※ 報告書設定画面の表示方法→「報告書設定画面を表示す る」
報告書情報の変更画面が表示されます。
【編集中】【新規作成中】【コピー】の報 告書を選択した場合は
手順3に進んでください。

・ 【編集中】と表示された報告書は、報告書の変更を「戻る」ボタンで中断したときなど、報告書の変更が可能な状態であることを示しています。

・ 【新規作成中】と表示された報告書は、報告書の登録を「戻る」ボタンで中断したときなど、報告書の登録が可能な状態であることを示しています。

・ 【コピー】と表示された報告書は、報告書を「コピー」ボタンで複製した状態であることを示しています。

2
「編集を開始する」ボタンをクリックします。
「編集を開始する」ボタンをクリックすると、報告書 は【編集中】の状態になります。以降の手順で「完 了する」ボタンまたは「更新のキャンセル」ボタン をクリックしない限り、【編集中】の状態が継続しま す。
3
必要事項を入力し、「次へ」ボタンをクリッ クします。
※ 入力制限について→「営業支援」
入力項目の設定画面が表示されます。
4
入力項目を設定し、「完了する」ボタンをク リックします。
登録
新規に項目を追加できます。詳しくは、「報告書を新規登録する」の手順3〜6をご覧ください。
変更
選択した項目の内容を変更できます。詳しくは、「項目を変更するには」をご覧ください。
削除
選択した項目を削除できます。詳しくは、「項目を削除するには」をご覧ください。
コピー
選択した項目と同じ内容の項目を追加できます。詳しくは、「項目をコピーするには」をご覧ください。
報告書のプレビュー
報告内容を入力する画面のレイアウトを確認できます。詳しくは、「報告書のレイアウトを確認するには」をご覧ください。
更新のキャンセル
【編集中】の場合、報告書の変更を中止できます。クリックすると、編集内容が破棄され、【編集中】の状態が解除されます。
※ 項目の並び順を変更できます。詳しくは、「項目の並び順 を変更するには」をご覧ください。
正常に変更されると、次手順のような画面が表示され ます。

・ 利用者画面に表示される項目名の先頭には、◇が表示されます。

・ 利用者画面に表示されない項目名の先頭には、◆が表示されます。

5
「OK」ボタンをクリックします。
一覧が表示されます。
6
さらに変更する場合は、1〜5の手順を繰り 返します。
■ 項目を変更するには
1
変更する項目を選択し、「変更」ボタンをク リックします。
入力項目の変更画面が表示されます。
2
必要事項を入力し、「変更」ボタンをクリッ クします。
※ 入力制限について→「営業支援」
正常に変更されると、次手順のような画面が表示され ます。
3
「OK」ボタンをクリックします。
一覧が表示されます。
4
さらに変更する場合は、1〜3の手順を繰り 返します。
項目を変更した後、入力項目の設定画面で「完了す る」ボタンをクリックしないと、設定内容が反映さ れません。ご注意ください。

■ 項目を削除するには
1
削除する項目を選択し、「削除」ボタンをク リックします。
確認画面が表示されます。
規定項目は、削除できません。
2
削除してよければ「OK」ボタンをクリック します。
一覧が表示されます。
3
さらに削除する場合は、1〜2の手順を繰り 返します。
項目を削除した後、入力項目の設定画面で「完了す る」ボタンをクリックしないと、設定内容が反映さ れません。ご注意ください。

■ 項目をコピーするには
1
コピーする項目を選択し、「コピー」ボタン をクリックします。
正常にコピーされると、次手順のような画面が表示さ れます。
規定項目は、コピーできません。
2
「OK」ボタンをクリックします。
一覧が表示され、コピーした項目が追加されます。
3
さらにコピーする場合は、1〜2の手順を繰 り返します。
項目をコピーした後、入力項目の設定画面で「完了 する」ボタンをクリックしないと、設定内容が反映 されません。ご注意ください。

■ 報告書のレイアウトを確認するには
1
「報告書のプレビュー」ボタンをクリックし ます。
報告書のレイアウトが表示されます。
2
「戻る」ボタンをクリックします。
■ 項目の並び順を変更するには
1
上下に移動させる項目を選択して下の表の ボタンをクリックします。
一覧の最初に移動します。
1つ上に移動します。
1つ下に移動します。
一覧の最後に移動します。
2
並び替えが確定したら、「並び順を確定する」 ボタンをクリックします。
正常に並び替わると、次手順のような画面が表示され ます。
3
「OK」ボタンをクリックします。
項目の並び順を変更した後、入力項目の設定画面で 「完了する」ボタンをクリックしないと、設定内容が 反映されません。ご注意ください。
報告書を削除する
1
報告書設定画面を表示し、削除する報告書を 選択して「削除」ボタンをクリックします。
※ 報告書設定画面の表示方法→「報告書設定画面を表示す る」
確認画面が表示されます。
報告書を削除すると、ユーザーは、該当の報告書で 以下のように操作を行えなくなります。

・ 過去の報告書を再利用できない

・ 過去の報告書を変更できない

2
削除してよければ「OK」ボタンをクリック します。
正常に削除されると、次手順のような画面が表示され ます。
3
「OK」ボタンをクリックします。
一覧が表示されます。
4
さらに削除する場合は、1〜3の手順を繰り 返します。
報告書をコピーする
1
報告書設定画面を表示し、コピーする報告書 を選択して「コピー」ボタンをクリックしま す。
※ 報告書設定画面の表示方法→「報告書設定画面を表示す る」
報告書のコピー画面が表示されます。
2
必要事項を入力し、「コピー」ボタンをクリッ クします。
正常にコピーされると、次手順のような画面が表示さ れます。
3
「OK」ボタンをクリックします。
一覧が表示されます。
報告書は、【コピー】の状態で登録されています。報 告書設定画面の一覧で該当の報告書を選択し、「変 更」ボタンで登録作業の続きを行ってください。
報告書一覧を並び替える
1
報告書設定画面を表示し、上下に移動させる 報告書を選択して下の表のボタンをクリッ クします。
※ 報告書設定画面の表示方法→「報告書設定画面を表示す る」
一覧の最初に移動します。
1つ上に移動します。
1つ下に移動します。
一覧の最後に移動します。
2
並び替えが確定したら、「並び順を確定する」 ボタンをクリックします。
正常に並び替わると、次手順のような画面が表示され ます。
3
「OK」ボタンをクリックします。
報告書の項目設定方法
入力項目の種類ごとの設定方法をご案内します。
案件管理表や顧客管理情報(顧客情報、事業所情報、担当者情報)の入力項目も、同じように設定できます。
報告書の例と項目のタイプ
@テキスト1行
Aテキスト複数行
B数値
C日付
Dチェックボックス
Eチェックボックス複数
Fラジオボタン
Gプルダウンメニュー
H添付ファイル
Iラベル(表示のみ)
テキスト1行の設定
1
入力項目の登録画面で「テキスト1行」を選 択し、「次へ」ボタンをクリックします。
※ 入力項目の登録画面の表示方法→「報告書を新規登録す る」の手順1〜3
2
必要事項を入力し、「登録」ボタンをクリッ クします。
項目名
項目名を入力します。
文字数
入力できる文字数の上限を指定します。
初期状態
エリア内に文字列をあらかじめ表示させる場合、その文字列を入力します。
入力指定
入力時の文字列の初期状態について、全角か半角かを指定します。

※ 入力指定は、入力画面の初期状態のみ有効です。ユーザー側で、全角・半角を切り替えることができます。

※ 上記の表にない要素については、「各項目に共通の設定」を ご覧ください。
※ 入力制限について→「営業支援」
作成した項目が、一覧に追加されます。
テキスト複数行の設定
1
入力項目の登録画面で「テキスト複数行」を 選択し、「次へ」ボタンをクリックします。
※ 入力項目の登録画面の表示方法→「報告書を新規登録す る」の手順1〜3
2
必要事項を入力し、「登録」ボタンをクリッ クします。
項目名
項目名を入力します。
入力域
入力できる文字数の上限を、文字×行で指定します。
初期状態
エリア内に文字列をあらかじめ表示させる場合、その文字列を入力します。
入力指定
入力時の文字列の初期状態について、全角か半角かを指定します。

※ 入力指定は、入力画面の初期状態のみ有効です。ユーザーは、キーボードを操作し、全角・半角を切り替えることができます。

※ 上記の表にない要素については、「各項目に共通の設定」を ご覧ください。
※ 入力制限について→「営業支援」
作成した項目が、一覧に追加されます。
数値の設定
1
入力項目の登録画面で「数値」を選択し、「次 へ」ボタンをクリックします。
※ 入力項目の登録画面の表示方法→「報告書を新規登録す る」の手順1〜3
2
必要事項を入力し、「登録」ボタンをクリッ クします。
項目名
項目名を入力します。
桁数
入力できる桁数の上限を指定します。
初期状態
エリア内に数値をあらかじめ表示させる場合、その数値を入力します。
単位
単位を指定する場合、単位とその位置を入力します。
表示
数値を右寄せで表示するか左寄せで表示するかを選択します。
桁区切り
桁区切りを行うかどうかを選択します。
桁区切りを行う場合、ユーザーが入力した数値は3桁区切りで表示されます。
※ 上記の表にない要素については、「各項目に共通の設定」を ご覧ください。
※ 入力制限について→「営業支援」
作成した項目が、一覧に追加されます。
日付の設定
1
入力項目の登録画面で「日付」を選択し、「次 へ」ボタンをクリックします。
※ 入力項目の登録画面の表示方法→「報告書を新規登録す る」の手順1〜3
2
必要事項を入力し、「登録」ボタンをクリッ クします。
項目名
項目名を入力します。
初期状態
エリア内に日付をあらかじめ表示させる場合、その日付を指定します。
項目値を入力する時点での日付を表示させる方法と、特定の日付を表示させる方法があります。
※ 上記の表にない要素については、「各項目に共通の設定」を ご覧ください。
※ 入力制限について→「営業支援」
作成した項目が、一覧に追加されます。
チェックボックスの設定
1
入力項目の登録画面で「チェックボックス」 を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。
※ 入力項目の登録画面の表示方法→「報告書を新規登録す る」の手順1〜3
2
必要事項を入力し、「登録」ボタンをクリッ クします。
項目名
項目名を入力します。
初期状態
あらかじめ選択させておく場合は、「チェックされた状態」を選択します。
※ 上記の表にない要素については、「各項目に共通の設定」を ご覧ください。
※ 入力制限について→「営業支援」
作成した項目が、一覧に追加されます。
チェックボックス複数の設定
1
入力項目の登録画面で「チェックボックス複 数」を選択し、「次へ」ボタンをクリックし ます。
※ 入力項目の登録画面の表示方法→「報告書を新規登録す る」の手順1〜3
2
必要事項を入力し、「登録」ボタンをクリッ クします。
項目名
項目名を入力します。
チェックボックス項目
チェックボックスの項目を1行に1項目ずつ入力します。
初期状態
あらかじめ選択させておく場合は、「チェックボックス複数」の中から該当する文字列を入力します。
※ 上記の表にない要素については、「各項目に共通の設定」を ご覧ください。
※ 入力制限について→「営業支援」
作成した項目が、一覧に追加されます。
ラジオボタンの設定
1
入力項目の登録画面で「ラジオボタン」を選 択し、「次へ」ボタンをクリックします。
※ 入力項目の登録画面の表示方法→「報告書を新規登録す る」の手順1〜3
2
必要事項を入力し、「登録」ボタンをクリッ クします。
項目名
項目名を入力します。
ラジオ項目
選択肢を1行に1項目ずつ入力します。
初期状態
あらかじめ選択させておく場合は、「ラジオ項目」の中から該当する文字列を入力します。
※ 上記の表にない要素については、「各項目に共通の設定」を ご覧ください。
※ 入力制限について→「営業支援」
作成した項目が、一覧に追加されます。
プルダウンメニューの設定
1
入力項目の登録画面で「プルダウンメ ニュー」を選択し、「次へ」ボタンをクリッ クします。
※ 入力項目の登録画面の表示方法→「報告書を新規登録す る」の手順1〜3
2
必要事項を入力し、「登録」ボタンをクリッ クします。
項目名
項目名を入力します。
プルダウン項目
プルダウンメニューの項目を1行に1項目ずつ入力します。
初期状態
あらかじめ選択させておく場合は、プルダウン項目の中から該当する文字列を入力します。
※ 上記の表にない要素については、「各項目に共通の設定」を ご覧ください。
※ 入力制限について→「営業支援」
作成した項目が、一覧に追加されます。
添付ファイルの設定
1
入力項目の登録画面で「添付ファイル」を選 択し、「次へ」ボタンをクリックします。
※ 入力項目の登録画面の表示方法→「報告書を新規登録す る」の手順1〜3
2
必要事項を入力し、「登録」ボタンをクリッ クします。
項目名
項目名を入力します。
※ 上記の表にない要素については、「各項目に共通の設定」を ご覧ください。
※ 入力制限について→「営業支援」
作成した項目が、一覧に追加されます。
ラベル(表示のみ)の設定
1
入力項目の登録画面で「ラベル(表示のみ)」 を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。
※ 入力項目の登録画面の表示方法→「報告書を新規登録す る」の手順1〜3
2
必要事項を入力し、「登録」ボタンをクリッ クします。
表示する文字
ラベルとして表示する文字を入力します。
※ 入力制限について→「営業支援」
作成した項目が、一覧に追加されます。
ラベル(表示のみ)を設定する場合、報告書の項目 名は表示されません。
各項目に共通の設定
■ 説明
説明や注意などを項目に加える場合に入力します。
入力した文字列は項目内容の説明として表示されま す。
■ 必須項目
項目の入力を必須にするかどうかを選択します。
「入力項目を必須にする」を選択した場合は、項目の 右側に「*」が表示されます。
■ 表示項目
利用者画面に項目を表示するかどうかを選択します。
表示項目は、入力項目の変更画面でのみ表示されま す。入力項目の登録時には、自動的に「項目を表示 する」が選択されます。
なお、一部の規定項目は、この設定を変更すること ができません。
■ 検索項目
検索項目に含めるかどうかを選択します。
検索項目は、顧客管理情報(顧客情報・事業所情報・ 担当者情報)のみ設定できます。「含める」を選択し た場合、管理者および利用者の顧客検索画面に該当 項目の入力エリアが表示されます。
利用者選択の初期状態を設定する
報告書の利用について、グループの初期状態を設定します。新規に登録するすべてのグループは、ここで設定した状態になります。登録済みのグループについては変更されません。
1
営業支援画面を表示し、「日報管理」→「利 用者選択の初期状態設定」の順にクリックし ます。
※ 営業支援画面の表示方法→「管理者メニューの画面説明」
利用者選択の初期状態設定画面が表示されます。
2
必要事項を選択し、「設定」ボタンをクリッ クします。
利用する
報告書を利用できます。
利用しない
報告書を利用できません。
正常に設定されると、次手順のような画面が表示され ます。
3
「OK」ボタンをクリックします。
設定が有効になります。
利用者選択画面を表示する
報告書の利用者を選択する画面は、以下の方法で表示します。
1
営業支援画面を表示し、「日報管理」→「利 用者選択」の順にクリックします。
※ 営業支援画面の表示方法→「管理者メニューの画面説明」
2
利用者選択画面が表示されます。
報告書の利用者をグループごとに設定する
報告書の利用者を、グループごとに設定できます。
設定する前には、必ず、グループを登録してください。グループを登録する方法については、「グループの登録」をご覧ください。
利用者選択で「利用しない」と設定されたグループに所属するユーザー
該当ユーザーは、ユーザー本人の活動登録画面に該当の報告書が表示されなくなります。
1
利用者選択画面を表示し、利用者を設定する 報告書を選択して「利用者選択」ボタンをク リックします。
※ 利用者選択画面の表示方法→「利用者選択画面を表示す る」
利用者選択[グループごとに設定]画面が表示されま す。
2
グループごとに利用設定を選択し、「設定」 ボタンをクリックします。
※ 報告書の利用者をユーザーごとに設定する方法→「報告書 の利用者をユーザーごとに設定する」
利用する
該当の報告書を利用できます。
利用しない
該当の報告書を利用できません。
前のページを表示します。
次のページを表示します。
数字
該当のページを表示します。
正常に設定されると、次手順のような画面が表示され ます。
3
「OK」ボタンをクリックします。
設定が有効になります。
4
「戻る」ボタンをクリックします。
利用者選択画面が表示されます。
グループで利用設定をしたはずなのに、設定が有効にならない
上記の設定をしても、ユーザーごとの設定で「グループの設定」が選択されていない場合、設定は有効になりませ ん。ユーザーごとの設定画面で、「グループの設定」に変更してください。
ユーザーごとの設定方法については、「報告書の利用者をユーザーごとに設定する」をご覧ください。
報告書の利用者をユーザーごとに設定する
報告書の利用者を、ユーザーごとに設定できます。
設定する前には、必ず、ユーザーを登録してください。ユーザーを登録する方法については、「ユーザーの登録」をご覧ください。
利用者選択で「利用しない」と設定されたユーザー
該当ユーザーは、ユーザー本人の活動登録画面に該当の報告書が表示されなくなります。
1
利用者選択画面を表示し、利用者を設定する 報告書を選択して「利用者選択」ボタンをク リックします。
※ 利用者選択画面の表示方法→「利用者選択画面を表示す る」
利用者選択[グループごとに設定]画面が表示されま す。
2
「ユーザーごとに設定」をクリックします。
3
ユーザーごとに利用設定を選択し、「設定」 ボタンをクリックします。
※ 報告書の利用者をグループごとに設定する方法→「報告書 の利用者をグループごとに設定する」
利用する
該当の報告書を利用できます。
利用しない
該当の報告書を利用できません。
グループの設定(利用する)
利用者をグループごとに設定する場合に選択します。
前のページを表示します。
次のページを表示します。
数字
該当のページを表示します。
正常に設定されると、次手順のような画面が表示され ます。
ユーザーをグループで絞り込む
「対象」でグループ名を選択すると、選択したグルー プに所属するユーザーのみが表示されます。
4
「OK」ボタンをクリックします。
設定が有効になります。
5
「戻る」ボタンをクリックします。
利用者選択画面が表示されます。
報告書の編集期限を設定する
報告書の登録・変更・削除の期限を設定できます。
1
営業支援画面を表示し、「日報管理」→「報 告書編集設定」の順にクリックします。
※ 営業支援画面の表示方法→「管理者メニューの画面説明」
報告書編集設定画面が表示されます。
2
期限を選択し、「設定」ボタンをクリックし ます。
正常に設定されると、次手順のような画面が表示され ます。
3
「OK」ボタンをクリックします。
設定が有効になります。
活動一覧表示を設定する
利用者画面の活動一覧(カレンダー)に表示される項目の優先度を設定できます。
1
営業支援画面を表示し、「日報管理」→「一 覧表示設定」の順にクリックします。
※ 営業支援画面の表示方法→「管理者メニューの画面説明」
一覧表示設定画面が表示されます。
2
上下に移動させる項目を選択し、下の表のボ タンをクリックします。
一覧の最初に移動します。
1つ上に移動します。
1つ下に移動します。
一覧の最後に移動します。
※ 優先度の高い項目から、上段に設定してください。
3
優先度の並び替えが確定したら、「優先度順 を確定する」ボタンをクリックします。
優先度の並び順を変更した後、「優先度順を確定す る」ボタンをクリックしないと、設定内容が反映さ れません。ご注意ください。
4
「OK」ボタンをクリックします。
設定が有効になります。
削除ポリシーを設定する
ユーザーが活動データ(報告書)を削除した際、実データを削除するかどうかを設定します。
「実データを削除する」を選択した場合
ユーザーが報告書を削除すると、管理者機能および利用者機能のすべての画面から該当のデータが完全に削除さ れ、削除したデータを参照できなくなります。削除データは、復元できませんのでご注意ください。
1
営業支援画面を表示し、「日報管理」→「削 除ポリシー設定」の順にクリックします。
※ 営業支援画面の表示方法→「管理者メニューの画面説明」
削除ポリシー設定画面が表示されます。
2
必要事項を選択し、「設定」ボタンをクリッ クします。
「削除済み」としてデータは保持する
ユーザーが報告書を削除しても、実データは保持され、管理者画面で参照することができます。
実データを削除する
ユーザーが報告書を削除すると、実データも削除され、管理者画面で参照することができません。
確認画面が表示されます。
「実データを削除する」を設定すると、翌日、対象の 報告書データが完全に削除されます。
3
「設定する」ボタンをクリックします。
4
「OK」ボタンをクリックします。
設定が有効になります。